忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第9話「仲のよい三つの岩」

 2020年01月01日 
 
 昔むかし、塩屋のお話です。塩屋の大林に「お鐘石」という大きな岩がありました。
 近くの尾形には牛の形をした大きな岩があり、村人はこの石を「牛岩」と呼んでいました。そして、牛岩の上に「おんびき岩」がありました。おんびきとはガマガエルのことです。
 「お鐘石」と「牛岩」と「おんびき岩」は大そう仲がよく、毎年正月の三日には一緒に遊ぶことに決めていました。
 ある年のことです。三つの岩は一年ぶりにであいました。お鐘石が「ゴーン」というと、すかさず「モー」と牛岩が答え、おんびき岩が「グウェ」と喜んで大きな声を出します。それからは大変です。
 「ゴーン、ゴーン」
 「モー、モー」
 「グウェ、グウェ」
と、朝から晩までおしゃべりです。
 村人も、最初は楽しんで聞いていましたが、やすむ時がなく一日じゅうつづくと、辛抱できなくなってきました。「やめろ、やめろ」、「静かにしろ」といっても、三つの岩はいっこうに静かになりません。
 ついに我慢できなくなった村人は、はいていた草履をお鐘石、つづいて牛岩、おんびき岩に投げつけました。
 今まで「ゴーン、ゴーン」、「モー、モー」、「グウェ、グウェ」とないていた三つの岩は、それからはなかなくなったということです。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第一集』・「仲のよい三つの岩」より)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月1日号・第2部(2354号) 2面 (5,585,747byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中