忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新型肺炎の感染拡大に備え態勢徹底

 2020年01月29日 
 新型コロナウイルスによる肺炎を感染症法に基づく「指定感染症」に指定する政令が閣議決定されたのを受け、感染症指定医療機関に指定されている赤穂市民病院は28日、感染患者を受け入れる場合の手順や態勢について確認を徹底した。同病院は「市民の健康を守るため、万全の態勢に努めたい」と話している。
 政令は2月7日施行(※記事掲載後、2月1日施行に前倒し)。施行後は危険度に応じて患者を強制的に入院させたり、就業を制限したりできる。
 赤穂市民病院は県内に8つある感染症指定医療機関の一つ。一般病棟とは別棟の感染症病棟に個室4床があり、空気中のウイルスを吸収するフィルター付きベッドや使い切りタイプの食器を備えている。医療スタッフが着用する防護衣も使い捨てタイプで、医療器具は病棟専用とするなど、院内感染の防止を徹底している。
 国立感染症研究所は新型コロナウイルス感染症の疑い例として、「発熱(37・5度)かつ呼吸器症状(咳など)があり、過去2週間以内に中国・武漢市に渡航歴がある(または『武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人』との接触歴がある)」と定義。同病院は「疑い例に該当する場合は、直接医療機関に行くのではなく、まずは保健所に相談してほしい」と呼び掛けている。
 新型コロナウイルスの感染予防策について、赤穂健康福祉事務所は「基本的にはインフルエンザと同じで、マスク着用と手洗い、うがい、アルコール消毒。冷静に対応してほしい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月1日号(2358号) 1面 (5,215,151byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 修学旅行 県内・短縮日程で実施へ←えいちー(09/30)
  • 修学旅行 県内・短縮日程で実施へ←小6保護者(09/29)
  • チコのセネガル通信(3)ウォルフ語を勉強中です←学生(09/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺