忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂緞通の工房ギャラリー開設

 2020年02月21日 
赤穂緞通の工房ギャラリーをオープンした久田マサヨさん(左)と設計を担当した根来エミさん
 赤穂緞通の織り手として30年近い経験がある尾崎の久田マサヨさん(58)が自宅近くにギャラリーを兼ねた工房を開設。作品と工程の見学から制作体験まで幅広く受け入れ、赤穂緞通の魅力発信と普及振興を目指す。2月21日(金)から23日(日)まで完成見学会を開く。
 久田さんは赤穂市教委が1991年から開いた赤穂緞通織方講習会の1期生。両親の転居に伴い空き家になった木造2階建て家屋を昨年5月から改修し、念願だった工房が完成した。「職人」を意味するフランス語と、緞通の材料である木綿の別称を組み合わせ、「アトリエARTISAN・羊の樹」と名付けた。
 黒を基調のモダンなデザインで赤穂市都市景観賞を受賞した外観はそのまま残し、内装をリフォーム。坪庭に面したガラス戸から明るい光が差し込む工房スペースに大中小3タイプの織機を計6台置いた。ギャラリーを兼ねた談話スペースは壁に緞通を吊るせるようにピクチャーレールを設置。材料の色糸や原料の綿花などを展示する飾り棚もある。改修の設計監理は友人の建築士、根来エミさん(49)=尾崎=が担い、壁紙や塗料に天然素材を用いるなど細部にまでこだわった。
 今後は作品づくりに励みつつ、赤穂緞通に興味のある人や観光客の見学を受け入れて作品の魅力や制作過程を紹介するほか、予約制の緞通教室も開く。泊まりがけの受講も可能だ。
 「他のすぐれた工芸品と同じように『空間を変える力』がある」と赤穂緞通の魅力を語る久田さん。「根来さんのおかげで素敵な工房をオープンできた。気軽に見学したい人にも、じっくり製作を学びたい人にも、さまざまな形で良さを広めたい」と抱負を持っている。
 工房は尾崎小学校近くの信号交差点から北西そば。完成見学会は午前10時〜午後4時で入場無料。工房近くに駐車スペース2台分あり。Tel43・0307。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月22日号(2360号) 4面 (7,147,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中