忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第11話「コクスケ大明神」(下)

 2020年02月22日 
 
 ついに、責任者はボスのコクスケに頭を下げました。
 「申し訳なかった。お詫びに何でもできることはします。どうか工事を進めさせてくれ」
 しかし、狐たちは余りにも勝手すぎる人間の言うことは聞き入れず、妨害を続けました。
 弱り果てた人間どもは、かわるがわる謝罪に来ました。誠意が見えてきたので、コクスケは聞き入れることにしましたが、条件を出しました。
 「上仮屋地区四か所に、住家の祠をつくってくれること、城の西を流れる川を狐川とすること、この川を、われわれ狐専用の漁場にし、人間には自由にさせないこと」
 工事責任者は、コクスケの条件を快く聞き入れました。
 その後、コクスケの率いる狐集団は、人間とすっかり仲よくなり、火事の予告や、失せ物の発見等に協力するなどして人間に信頼され、「コクスケ稲荷」「コクスケ大明神」として大事にしてもらいました。
 現在残っている祠は、人目につかない淋しい場所にありますが、「コクスケ稲荷大明神」として町内の信仰を集め、2月の初午の日には、お祀りを欠かしたことがないと言われています。
 「狐川」は現在は「新川」と改名されています。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第二集』・「狐川の由来」より)=切り絵・村杉創夢
 * * *
【編集部より】「コクスケ稲荷大明神」は2000年(平成12年)に赤穂大石神社の境内社合祀殿に「国助稲荷」として合祀されました。現在も2月の初午に祭礼が行われています。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月22日号(2360号) 3面 (7,147,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中