忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂にも追い風 時代小説『北前船用心棒』

 2020年03月02日 
北前船や赤穂塩、元禄赤穂事件を物語に織り込んで展開する時代小説『北前船用心棒 赤穂ノ湊 犬侍見参』
 元禄時代の播州赤穂を舞台にした時代小説『北前船用心棒 赤穂ノ湊 犬侍見参』が3月6日(金)に発売される。北前船に赤穂塩、そして赤穂義士を物語の重要な要素とする長編小説で、シリーズ化が期待される。
 第9回日経小説大賞を受賞し、現在日本経済新聞朝刊で小説『太陽の門』を連載中の赤神諒氏が書き下ろし。生類憐れみの令を逆手にとって犬を武器に戦う「犬侍」たちがいたとの設定のもと、北前船の用心棒に雇われた犬侍・千日前伊十郎を主人公に波瀾万丈のストーリーを描く。
 赤神氏にとって文庫書き下ろし時代小説は初めて。「いろいろな舞台を登場させたい」との思いから、各地の津々浦々に寄港する北前船をモチーフに選んだという。「武士」「元禄時代」をキーワードに作品の骨格を固める中で、「元禄といえば赤穂義士」と着想。実際に赤穂を訪れ、構想を広げた。
 将軍家の後継争い、主君の無念を晴らそうとする赤穂藩士たちの戦いが絡みつつ、寄港地を経由する謎の北前船とともに舞台を変えていくストーリーは長期シリーズ化の可能性も十分。その皮切りとなる「赤穂ノ湊」には大石内蔵助、大野九郎兵衛や堀部安兵衛、寺坂吉右衛門らが主要人物として描かれ、「坂越」や「大避神社」など実在の地名や史跡も登場する。赤神氏は「赤穂義士は物語の最終盤まで登場することになる」と予告している。
 近年は小説や漫画などに登場する土地を観光する「聖地巡礼」が話題になることも多い。日本遺産に認定された「北前船寄港地」と「塩」で観光振興を目指す赤穂市にとって、この作品は追い風。赤神氏も「北前船の魅力を世に広く発信し、地方活性化につなげていく、ささやかな一助となれば」と話している。
 小学館文庫から文庫版352ページ。700円+税。全国の書店で予約を受け付けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年3月7日号(2362号) 4面 (7,494,482byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 平成町の塩屋川にイノシシ←赤穂市民(07/04)
  • 「映画館でジブリ」プラットで一挙4作品←宮崎駿崇拝(07/04)
  • 《西有年産廃》事前協議書の返戻を要求←正々堂々と(07/03)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中