忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「塩のまち」住民有志が歴史学ぶ会

 2020年03月20日 
事業計画などを話し合う「『塩のまち』塩屋の歴史を学ぶ会」の役員会
 塩の産地として伝わる地域文化遺産や伝統を後世に伝え、地域活性化を図ることを目的に住民有志の「『塩のまち』塩屋の歴史を学ぶ会」が立ち上がった。本格的な活動へ向けて事業計画を話し合っている。
 「『日本第一』の塩を産したまち 播州赤穂」が日本遺産に認定されたことを受け、昨年9月発足。事業や役員構成などを会則に定めた。塩業に関する研究や成果を披露する発表会、印刷物の編集発行などを行う。
 塩屋地区には西浜塩田の水尾とたて場跡や塩釜神社など日本遺産の構成文化財がある。同会ではそうした史跡の探訪会も開催していく考え。また、過去に調査研究などで作成された関連資料についても再検証を行い、できるだけ正確な史実の継承にも努める。
 古文書類が残っていないか地域の旧家に呼び掛けているといい、会長の木村音彦さん(85)は「郷土史の掘り起こしにもつながれば」と抱負を話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年3月20日号(2364号) 1面 (5,572,181byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

日本遺産に登録されたが西浜塩田だけではない東浜塩田もある何故東浜西浜塩田が一体になつて赤穂遺産を盛り上げて行かないのか今では東浜塩田西浜塩田がばらばらでどっちもづかづになるのではないでしょか
投稿:赤穂昼あんどん 2020年03月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 新型コロナ追加支援策 6月議会に上程へ←年金生活者(06/03)
  • 米の作付意向 2年連続で増加傾向←何故かな?(06/03)
  • 「みんなに再会うれしい」学校園再開←マスクマン(06/03)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中