忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治商業・経済
  3. 記事詳細

補正予算案可決 早くも迫られる追加策

 2020年05月23日 
 赤穂市議会は22日、新型コロナウイルス対策費を盛り込んだ一般会計補正予算案などを可決した。
 「市民生活及び市内経済活動を支援するため」として、上水道料金を4か月分無料とする支援策も含まれるが、商工関係者からは「経済活動の支援には不十分」などと不評。事業者向けの追加支援策を求める声が高まっている。
 上水道料金の無料化は、一般用料金が適用される使用者約2万2000件を対象に今年7月・9月請求分(または8月・10月請求分)を全額無料(水道使用に伴う下水道使用料は含まず)とするもの。市の試算では必要額は約1億1000万円(うちシステム改修費200万円)で、およそ半分の5600万円を国の交付金で充当し、残りは水道会計の利益剰余金でまかなう。
 市当局は「面倒な申請手続き不要で、幅広く迅速に支援できる」とメリットを強調するが、施策の概要を知った商工関係者の間では「日本一安い水道代を無料にしてもらっても大した支援にはならない」「もっと効果のあるものを期待していたのに」などと不評だ。
 赤穂商工会議所によれば、地域経済に目に見えて効果が波及するような取り組みを補正予算案に盛り込もうと市と協議を進め、「ほぼ内容も固まっていた」という。幹部の一人は「ふたを開けてみると何もなかったので本当にがっかりした」と失望を隠さない。市単独の経営継続支援金制度や消費喚起事業などを求める要望書を急きょ市に提出したという。
 こうした声を受けて、22日の臨時議会では家入時治議員が水道会計補正予算案に「反対」を表明。上水道料金無料化のために使う交付金5600万円について、「事業継続が危ぶまれる事業者を集中的に支援するために活用するべき」などと訴えた。議長輩出会派の代表でもある議員の造反は極めて異例で、議案は賛成多数で可決されたものの一石を投じた形となった。
 牟禮正稔市長は議会終了後、赤穂民報の取材に、「さまざまな声があることは率直に受け止めたい。特別職と議員の期末手当削減分に県の補助も組み合わせ、6月議会(6月9日開会予定)に市単独の地域経済支援策を上程する。国の追加補正が決まれば、さらに施策を拡充追加できるように準備する」と語った。
 議案を採決は会期最終日の本会議で行われるのが通例だが、それだと6月25日(予定)まで予算執行できない。市当局と議会の双方に臨機応変な対応が求められる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年5月30日号(2372号) 1面 (5,061,491byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

商工会議所が市と協議を進めたとありますが、商工会議所は独自に事業者向けに何かされるのでしょうか。
投稿:事業者の端っこ 2020年05月23日
別の記事のコメント欄にて話題にあがった家入議員反対票を投じたんですね。コメント欄に名前が挙がることは家入さんは了承していたのかなぁ?今回の決断は家入さんの政治的理念に基づくものだと思いますが…。別記事コメント欄には地域の支持者、有力者からコロナ対策に関する直接相談を行ったと実名で投稿がありましたしね。私にとっては色々邪推するきっかけになった別記事のコメント欄になってしまいました。メディアリテラシー大事ですよね。実名投稿とか匿名とか以前に。別記事コメント欄から判断するに、「賛成」にはいれられないですよね。(笑)これも政治ですかね。
投稿:ダヴァンの父 2020年05月23日
上水道料金の無料化とアベノマスク2枚は似てますね。とりあえず「頑張って支援やってますよ」感、満載。
無駄に税金を使ってほしくない。もっと市民に寄り添えないものでしょうか。市民のことを考え、市の活性化に少しでもつなげるなら、赤穂市内だけで通用する期間限定の買い物券の発行でもする方がいいけどね。商工会議所と市との協議では他にどんな意見があったのか知りたいですね。
投稿:縮図 2020年05月23日
買い物券の発行は販売する代理店に市民が殺到する可能性があるので止めていただきたいです。前回のプレミアム商品券も市役所ではいっさい販売せず代理店のみでした。ましてや対象が全市民となると代理店の負担もリスクも高くなるので安易に計画しないで欲しいです。このコメント欄だけの案で終わって欲しい。
投稿:プレミアム商品券を代理販売した者 2020年05月23日
何やっても文句か出るようですが、皆さん何をしてほしいですか?やっぱり現金?
学生さんや年金生活者さん、会社員、自営業者さん、色んな立場で何に困ってますか?
投稿:歯車 2020年05月23日
本記事を読むことで、別記事で某氏が怒り心頭になっている理由が少しは理解できました。しかし市と事前調整した内容の説明すらないまま、別記事内において読者を不快な思いにさせたコメントを投稿されことは別問題だと思います。
立場ある方の発言であれば尚のこと、市外の方から見れば本人だけでなく、関係者、ひいては赤穂市民も同様に見られかねないリスクがあると思うからです。
「吐いた唾は飲めない」かもしれませんが、それを拭ってでも、ぜひ本記事を踏まえて説明していただき、「義を見てせざるは勇無きなり」を実行していただきたいと思います。
――――――――――
私は事業者支援を否定するわけではありません。支援内容はともかく市はまず市民支援を優先させたのだと思います。
しかし、家入市議の発言「事業継続が危ぶまれる事業者を集中的に支援するために活用するべき」は明らかに「事業者>市民」に偏った発言であり疑念が残ります。
市議は事業者の代表ではなく、まず市民の代表ではないのですか。
会派造反してまで事業者支援を主張される理由を知りたいです。
投稿:コメント責任 2020年05月23日
プレミアム商品券はお得ですから、私はぜひ販売してほしいです。
プレミアム商品券を代理販売した者さま
>代理店の負担もリスクも高くなるので安易に計画しないで欲しいです。
代理店というのは強制ですか。最初から契約をお断りするということはできないのですか。
それに、手数料ももらっているんでしょ。お店というのは人が集まってこそだと思うのですが、
人が集まるのが迷惑だから実施するなと言い出したら、商売として終わってますよ。
投稿:不思議やな 2020年05月24日
議会では部分最適ではなく、全体最適を念頭において施策は考えてほしいなぁ。限りある財源だもの…
投稿:みつを 2020年05月24日
文書のやり取りだけではお互いの理解には限度があります。
22日の臨時議会の発言について赤穂民報さんの取材に応じたもので、実名表記は当然です。
できれば皆さんには、29日以降に臨時議会の録画が見れますので、赤穂市議会のホームページから、録画を見ていただければと思います。
事業者の皆さんの復活が、市税・地方消費税として赤穂市民の皆さんにも貢献されるということです。
投稿:家入時治 本人 2020年05月25日
家入市議さまへ

コメント内容的にご本人による投稿と察し、コメントします。(不躾ながら匿名で御容赦ください)
5/29以降に臨時議会の録画公開される情報提供いただき、ありがとうございました。ぜひ閲覧させていただきます。
確かに文章のやりとりだけでは理解に限度はありますが、今ある情報だけでは「事業者支援を優先する理由」としてあまりにも少な過ぎます。
録画公開までまだ4日も先のことなので要点だけでも良いので、投稿いただけないでしょうか。
スピード重視が求められる「オンライン署名」にも賛同されていると思いますし、納得できる追加情報があれば理解も進み、賛同者も増えると思います。
御検討どうぞよろしくお願いいたします。
――――――――――
地方消費税について個人的見解ですが、市民支援のほうが市民消費が促進され、納税額からの地方還元額が増えるのではないですか?
私は現時点では市が行う支援が「事業者>市民」優先という考えが理解できません。
投稿:コメント責任 2020年05月25日
事業者>市民というのは、市民の中でもダメージの程度が違うと考えておられるのでは?
自粛による不自由、精神的ストレスという話ではなく、経済活動の停滞が先ず自営業者を直撃し、次に給与生活者、その後で年金生活者という話かと理解しています。
投稿:通りすがり 2020年05月25日
「もうやめましょうよ(涙)」

コロナ関連の記事に関するコメントを読むたびに、苛立ち、情けなくなり、悲しく、怒りさえ感じます。
このコメント欄は、「意見交換」の場であったはずが、コメントの中には「意見強要」や「意見の押し付け」のように私には感じるものもあります。

多くの市民がそうしているように、ここで大きく深呼吸をしてみませんか!?
投稿:コビー大佐 2020年05月25日
ねこ氏の書き込みは明らかにデマです。これを確認の上掲載した赤穂民報社の見解をお聞かせください。
投稿:医師 2020年05月26日
医師さんへ:
 適切でない内容を含むコメントを表示していました。非表示としました。
 当方の確認、操作ミスでした。誠に申し訳ありませんでした。
投稿:赤穂民報 2020年05月27日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 定額給付金 3分の2から申請受理←ブンブンサテライツ(06/04)
  • 米の作付意向 2年連続で増加傾向←米人(06/04)
  • 新型コロナ追加支援策 6月議会に上程へ←年金生活者(06/03)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中