忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会政治商業・経済
  3. 記事詳細

商工業者中心に追加支援求める声【一部既報】

 2020年05月30日 
新型コロナ関連で近隣自治体が独自に実施する事業者・家計支援策(5月25日まで決定分)
 赤穂市が「市民生活及び市内経済活動を支援するため」として、「上水道料金4か月分無料」を柱に実施を決定した新型コロナウイルス対策に、商工関係者から「経済活動の支援には不十分」などと不満が出ている。市は追加の補正予算案の上程を準備しているとみられ、その動向が注目される。
 赤穂市内では今月、東浜町のスポーツ用品店が破産。主な販売先だった学校が新型コロナで臨時休業した影響が大きかったとされる。商工関係者の間では、「早く救済しなければ、さらに倒産する事業所や事業の存続をあきらめて廃業するところが出てくる」と危機感を募らせる。
 上水道料金の無料化について市当局は、「厳しい財政状況の中、できる限りの施策を組んだ。面倒な申請手続き不要で、幅広く迅速に支援できる」とメリットを強調する。市民の間には「水道料なら平等」「大家族なのでありがたい」と歓迎する声もあるが、商工関係者には「日本一安い水道代を無料にしてもらっても大した支援にはならない」「近隣自治体と比べて貧相」などとおおむね不評だ。「感染拡大をストップするための犠牲になったのだから助けてほしい」「事業所を守ることが従業員の雇用や取引先を守ることにつながり、まち全体のためになる」などと、より手厚い支援の必要性を指摘する声が多い。
 赤穂商工会議所によれば、地域経済に目に見えて効果が波及するような取り組みを5月補正予算案に盛り込もうと市と協議を進め、「ほぼ内容も固まっていた」という。幹部の一人は「ふたを開けてみると何もなかったので本当にがっかりした」と失望を隠さない。市単独の経営継続支援金制度や消費喚起事業などを求める要望書を急きょ市に提出した。
 こうした声を受け、22日の臨時議会では家入時治議員(政翔会)が水道会計補正予算案に「反対」を表明。上水道料金無料化のために使う交付金5600万円について、「事業継続が危ぶまれる事業者を集中的に支援するために活用するべき」などと訴えた。議案は賛成多数で可決されたものの、議長輩出会派の代表でもある議員の造反は極めて異例で、一石を投じた形となった。
 他方、「事業所にいくらお金を支援してもきりがないのでは」「市の財源は無限ではない」「商売がうまくいかなかった責任を行政に求めるのはおかしい」などと事業所向けの支援に慎重な見方もある。
 牟礼正稔市長は5月臨時議会終了後、赤穂民報の取材に、「さまざまな声があることは率直に受け止めたい。特別職と議員の期末手当削減分に県の補助も組み合わせ、6月議会(6月9日開会予定)に市単独の地域経済支援策を上程する。国の追加補正が決まれば、さらに施策を拡充追加できるように準備する」と語った。
 追加支援策の早急な決定と実行を求める市民有志のネット署名運動も行われ、28日に市当局と議会に「要望書」として提出された。国が第2次補正予算案を閣議決定した中、市がどのような追加策を打ち出すのか、また、議会がどう対応するのかに関心が高まっている。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】水道代4か月分無料、特別職賞与半減 市が補正予算案


掲載紙面(PDF):
2020年5月30日号(2372号) 1面 (5,061,491byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

赤穂市は他の自治体と比べて後れを取っているような気もします
投稿:赤穂市民 2020年05月30日
>日本一安い水道代を無料にしてもらっても大した支援にはならない

何だかな、これ。すごく違和感というか傲慢を感じる。
投稿:何様 2020年05月30日
市と協議したにもかかわらず、ふたん開ければ何も策がでなかった、というのは相当な失望感があるていうことでしょう。
水道代を安くしても経済にインパクトがないのは確かで、やり易いところから手をつけた、という取り敢えず感満載で、もっと知恵をだすべきでしょう。
投稿:赤穂日 2020年05月31日
5/22の臨時議会を拝見しました。
http://www.kensakusystem.jp/ako-vod/cgi-bin4/GetHTML.exe?zhx0ogux9afk5er5yu/R020522TEIREI.html/0/10/1/0/0#hit1
――――――――――
同じような事をコメントして申し訳ないですが、国交付金5,600万円を事業者支援策に、と主張されても、具体的にどれだけ救済が必要な事業者数がいて、どれくらいの額が必要なのか、その検討プロセスが全く不透明な内容では予算計画できないと思います。
そして具体的な支援策について説明があれば、オンライン署名の賛同者はもっと増えていたはずです。
――――――――――
ではなぜ誰も説明しないのか、されないのかは分かりませんが、ことの発端(個人的にそう思う)である「市と事前に協議した内容」が何もオープンになっていないので、こうした混乱を招いているのではないでしょうか。(赤穂民報さま、協議内容の情報提供を希望します)
臨時議会においても、その協議内容について何も議論はなく、第48号議案は一人だけ反対表明という討論で少々後味の悪い結末に感じました。(後味の悪い理由としては、なぜ会派内で統一できなかったのか、市議会全体で統一できなかったのか不明なところです)
――――――――――
財源には限りがあります。
第1弾支援策の中に事業者支援策を具体的に盛り込めたのであれば、上水道料金無料化4ヶ月を2ヶ月に減らすなど、予算の工夫もできたのではないでしょうか。

近隣自治体が事業者支援を盛り込んだ検討プロセスと、市の第1弾支援策の検討プロセスの比較と評価を行い、次回へ活かすことが大切なことではないかと思います。
投稿:コメント責任 2020年06月01日
事業者のみに支援するくらいなら全市民に恩恵のある水道料金無料の方が平等で良い
投稿:匿名 2020年06月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 平成町の塩屋川にイノシシ←赤穂市民(07/04)
  • 「映画館でジブリ」プラットで一挙4作品←宮崎駿崇拝(07/04)
  • 《西有年産廃》事前協議書の返戻を要求←正々堂々と(07/03)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中