忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

千種川 水質改善も多様性は悪化

 2020年08月12日 
47冊目となった報告書『千種川の生態』
 千種川流域のライオンズクラブ(LC)5団体が年1回同川で実施している水生生物調査で、昨秋の調査で採集できた水生生物が1地点平均6・8種類となり、5年連続で減少した。調査結果をまとめた報告書『千種川の生態 第47集』で「生物の多様性という見地からは、川の豊かさは低下し続けている」と警鐘を鳴らしている。
 調査は昨年9月から10月にかけて宍粟から赤穂まで同川流域5市町の計51地点で299人が参加して行われた。1地点当たりで採集された平均個体数は76・1匹(前年65・8匹)で2年ぶりに増加したが、種類数は前年の7・6種類からさらに減少した。
 採集された水生生物に基づく4階級の水質判定では、16地点で「1」(きれい)と判定。「3」(きたない)や「4」(大変きたない)と判定された地点はなかった。赤穂市内6地点(有年橋、北畠、高雄、下高野、加里屋川、大津川)はいずれも前回と変わらず「2」(少しきたない水)と判定された。
 長年調査に関わっている「千種川圏域清流づくり委員会」の横山正さんは報告書で、「近隣の他の河川の汚れ具合と比較すれば、依然として上流から下流まできれいな水が流れており、少しずつ水害や河川工事の影響から回復傾向が見られる」としながらも、「本来の千種川の豊かさは徐々に損なわれてきている」と考察している。
 調査は千種川の水質と生物多様性を調べるために流域のライオンズクラブと児童生徒によって1973年から毎年続けられ、昨年の実施で昭和、平成、令和と3時代にまたがる活動となった。報告書は赤穂市立図書館で読むことができる。
<前の記事
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺