忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

事業進捗「87・7点」市が自己評価

 2020年06月20日 
赤穂市総合計画「検証結果報告書」に記載された事業評価例
 今年で計画期間の最終年となる「赤穂市総合計画」について、市は施策や事業の推進状況を確認・検証した報告書をこのほどまとめた。
 事業ごとの評価では340項目中6割近くが「達成または達成見込み」となり、「半分程度または未達成」は9項目だった。
 市は1986年に最初の総合計画を策定。2011年にスタートした現行計画は第4次にあたる。「人が輝き 自然と歴史・文化が薫る やさしいまち」を「目標とする都市像」に掲げ、▽安心▽快適▽にぎわい▽学び▽連携の5つを計画の柱としている。
 検証では、5本柱の下で市が取り組んだ「施策の展開」158項目と細目(事業)340項目について、進捗度を▽A評価(達成または達成見込み)▽B評価(おおむね「一部達成」)▽C評価(半分程度または未達成)の3段階で担当各課が自己評価した。
 その結果、施策の展開158項目は▽A評価89件(56・3%)▽B評価67件(42・4%)▽C評価2項目(1・3%)となった。細目340項目は▽A評価195件(57・4%)▽B評価136件(40・0%)▽C評価9項目(2・6%)だった。
 また、事業ごとにA評価を95点、B評価を80点、C評価を35点にそれぞれ点数換算して算出した平均値では、「学び」(92・5)と「連携」(91・7)が90点を超え、「安心」(86・7)、「にぎわい」(86・1)、「快適」(85・4)となった。計画全体の平均値は87・7だった。
 報告書では、各施策の現状課題や積み残したこと、今後の方針も記述。市は現在、2021年からの10年間を計画期間とする「2030赤穂市総合計画」を策定中で、「課題や今後の方針を踏まえ、次期計画に反映させたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月20日号(2375号) 1面 (10,873,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメント

自己評価とはいえ甘いのでは?
なんでこれがA評価っていうものがいくつもあります。もっとしっかりと検証してください。

そう思う 2

投稿:一市民 2020年06月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺