忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

新型コロナ緊急対策 第3弾を発表

 2020年06月22日 
赤穂市の第3弾新型コロナウイルス緊急対策の事業概要
 赤穂市は22日、新型コロナウイルス感染症の第3弾緊急対策を発表した。感染拡大防止や市民生活支援、地域経済活性化など事業規模は総額1億9900万円。一般会計補正予算案を6月25日(木)の第2回定例会最終日に上程する。
 感染防止対策では、小・中学校と幼稚園、保育所のトイレや手洗い場の一部に手を触れずに水を出せる自動水栓を取り付ける。小・中学校の各教室に加湿器を整備。障害福祉サービス事業所さくら園には空気清浄機と手指消毒器を導入する。また、密を避けるために客席収容率を50%以内に抑える措置に伴い、市文化会館ハーモニーホールの大ホール、小ホールの施設使用料を半額助成する。
 市民生活支援では、低所得ひとり親世帯に1世帯5万円を給付。第2子以降に3万円を加算する。国の特別定額給付金の対象にならなかった今年4月28日以降に生まれた新生児全員に5万円を給付する。
 地域経済活性化として、市内の旅館・ホテル宿泊料を助成する「ウェルカム・トゥ・赤穂キャンペーン」への補助を1500万円追加。さらに、8月以降に始まるとみられる国の「GO TOキャンペーン」と連動した助成事業に3130万円を計上した。
 学校環境整備では、感染防止に配慮した学習活動の取り組みを支援するための学習指導員を小・中学校に計18人配置。家庭学習を見据え、自宅にネット通信環境のない児童生徒に貸し出すためのWi−Fi機器を整備する。夏休みを短縮して授業を行う小・中学校の児童生徒全員の8月分給食費は全額市が負担。準要保護世帯については、3月から5月にかけて給食がなかったことによる食費負担を軽減しようと給食費相当額を支援する。
 事業費総額のうち一般財源からの支出は16万5000円。ほぼ全額を国の地方創生臨時交付金と国県補助金でまかなう。
 赤穂市が新型コロナ関連の緊急対策のために組んだ今年度一般会計補正予算額の合計は6億8130万円となる。
 * * *
(2020年6月23日午前8時41分)
 「学習指導員」が「学習支援員」となっていましたので、修正しました。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】売上減の中小事業者に給付金10万円、家賃補助5万円


掲載紙面(PDF):
2020年6月27日号(2376号) 1面 (5,056,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺