忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

ホタル飛び交う加里屋川を絵に

 2020年09月03日 
ひょうご環境体験館のエコ絵画展
 ひょうご環境体験館(佐用町光都、大西正則館長)が環境保全をテーマに西播磨地区の教育機関に作品制作を呼び掛けた絵画展が今月から同館で始まった。
 「すてきな未来へ〜地球に感謝 みんなでエコ活動〜」と題し、小学校から大学まで10校から寄せられたA0判またはA1判の作品計14点が展示されている。
 赤穂小学校は4年生が昨年度の環境学習で加里屋川に幼虫を放流したホタルをテーマにコラージュ画を出品。さなぎになる前の幼虫、おしりを光らせた成虫など一人一匹ずつ描き、川をイメージした背景に貼り付けている。
 足の先まで正確に描いたという中濱史笠(しりゅう)君(9)は「ホタルの特徴を思い出しながら描きました」。この夏に放流した場所でホタルを見た境礼未(あやみ)さん(10)は「ホタルが加里屋川にずっといてほしい」と話した。
 作品は当面の間、同館の外壁に展示される。赤穂市関係では赤穂高校美術部も出品している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年9月5日号(2384号) 4面 (10,309,333byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 赤穂地区 ]  [ 子供 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 米朝一門落語会 18日から前売り←笑美(10/21)
  • 濃厚接触者確認され修学旅行を中止←当たり前(10/20)
  • 赤穂署員1人がコロナに感染←市民(10/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺