忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

高齢者施設で水害避難訓練

 2020年09月08日 
「櫂の家」で行われた水害避難訓練
 社会福祉法人玄武会は浜市の介護老人福祉施設「櫂の家」で水害を想定した災害対応訓練をこのほど実施した。入所者に見立てた職員を担架で2階へ避難させる手順を確認した。
 同施設は千種川から西へ100メートルほどの位置にあり、赤穂市ハザードマップでは「100年に一度の大雨」で同川が決壊した場合、深さ「1〜2メートル」の浸水が想定されている。今年7月の熊本豪雨で決壊した球磨川沿いの老人ホームで避難が間に合わずに入所者14人が1階部分で犠牲になったことを受け、簡易担架と入所者、スタッフ全員分のライフジャケットを整備。「使い方と行動の流れを経験しておく必要がある」(大玉優施設長)とし、新型コロナウイルス感染防止を徹底した上で訓練を企画した。
 大玉施設長によると、水害リスクが予想される場合、千種川より西側に居住している職員は櫂の家へ、東側に居住の職員は対岸側にある同系列のグループホーム「坂越の家」へ救助に向かうことをグループ全体で申し合わせているといい、この日の訓練も2施設同時に行われた。
 停電でエレベーターが使えず、自力で階段を上がれない人を含めて多くの入所者が1階ホールに残っているとの想定。スタッフらはまず自分たちと入所者役の職員一人一人にライフジャケットを装着。簡易担架に乗せて3〜4人で担ぎ、階段で2階へ運び上げた。
 兵庫県が昨年公表した「千年に一度を超えるような大雨」による洪水浸水想定では、同施設の浸水深は「5〜10メートル」とされている。大玉施設長は「まずは100年に一度の大雨に確実に対応できるように体制を整え、それ以上の水害については今後の課題」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年9月5日号(2384号) 4面 (10,309,333byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺