忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「受けた恩を倍返し」赤穂高校同窓会長・東野雅弘さん

 2020年09月12日 
赤穂高校同窓会長に就任した東野雅弘さん
 「母校の発展を側面から支えたい。校歌の一節にちなんで『風さわやかに』支援の追い風を起こせれば」
 7年後の2027年に創立100周年を迎える兵庫県立赤穂高校の同窓会長を今年7月、8期16年務めた中村良廣前会長から引き継いだ。
 「赤高にとって大きな一つの区切り。これまでの百年を築いてこられた先人への感謝と未来の繁栄への足掛かりとなる節目にしたい」と抱負を語る。
 少子化と学区再編により学校間の競争は厳しさを増している。「『赤高らしさ』とは何なのか。地域の声を学校へ届けつつ、特色や魅力のある学校づくりを後押ししたい」と関心を寄せる。
 自身は1983年3月卒の35回生。県インターハイ優勝、国体4強など黄金期の剣道部を主将として引っ張った。上仮屋の赤穂城跡本丸から海浜町へ校舎移転した「昭和の城明け渡し」を経験し、旧校舎と現校舎の両方を知る世代だ。
 新聞販売や飲食店経営など3つの会社を経営し、赤穂ロータリークラブの会長も務める。多忙な日々を送るが、「卒業生の一人として受けた恩を倍にしてお返しできるよう、創立100周年へ向けて、みなさんのご協力を得ながら役目を果たしたい」と意気込みを表した。加里屋。55歳。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年9月12日号(2385号) 1面 (5,990,280byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺