忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

詐欺被害防止へ防犯ペン立て

 2020年09月21日 
特殊詐欺被害防止を呼び掛ける小学生のメッセージ入りペン立て
 犯人が電話や郵便で親族や公共機関の職員などを名乗って被害者を信じ込ませ、現金やキャッシュカードをだまし取る特殊詐欺被害を防ごうと、赤穂署は今年で白寿または米寿となる管内のお年寄りに防犯メッセージ入りペン立てをプレゼントする。
 「ちょっと待って!電話でのお金の話には要注意!」「かかってくるでんわにごようじん」などの注意文と警察官のイラストなどが印刷された厚紙製。市内小学1年生362人が一人一個ずつ空欄に「わるい人にだまされないで」「げんきにながいきしてね」などメッセージを自筆し、イラストをカラフルに塗り絵した。
 敬老月間にちなみ、9月中に民生委員と市職員が個別訪問して配布。市社会福祉課によると、市内の白寿(99歳)は23人、米寿(88歳)は316人で全員に一個ずつ行き渡るという。
 同署によると、今年に入ってから8月末までに兵庫県内で認知した特殊詐欺の被害件数は685件で被害総額は約11億7600万円に上る。前年同期(328件、約6億0940万円)に比べて2倍近く増えており、高齢者が狙われやすい。同署の柳川浩一・刑事生活安全課長は「電話や郵便を受けたとき、誰かに相談すれば被害を防げる。よく見えるところにペン立てを置いて防犯に役立てて」と呼び掛けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月3日号(2387号) 4面 (8,274,756byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 祭り中止も自慢の屋台を特別公開←屋台練り(10/25)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←tk(10/25)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺