忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

映像バックに雅楽でクラシック 動画公開へ

 2020年10月04日 
幻想的な映像が流れる中、雅楽の調べが響いた撮影の様子
 雅楽演奏に幻想的な映像を融合した舞台撮影が4日夕、上仮屋の赤穂大石神社であり、赤穂雅楽同好会(横田有三代表)が宇宙をイメージした映像をバックにホルストの組曲『惑星』より「木星」の一部を演奏した。撮影した動画はインターネット上での公開へ向けて編集される。
 主催したのは市民有志の「AKO雅楽プロジェクト実行委員会」。赤穂にゆかりのある渡来人の秦河勝が「雅楽の祖」とされることにちなみ、「赤穂を雅楽の町にしよう」と横田代表らが昨年8月に立ち上げた。当初は観客の前での舞台を計画したが、コロナ禍で開催を断念。「このまま何もせず終わるのは悔しい」と動画配信を企画し、赤穂市のクラウドファンディング応援事業を活用して資金を募った。
 撮影は同神社の協力で境内にある能舞台で行われた。天井から吊り下げたランタン、正面の鏡板にプロジェクターで投影した映像で荘厳な雰囲気を演出。烏帽子と直垂を着けた横田代表ら5人が笙や龍笛、箏などを奏でる調べが神秘的に響いた。
 「雅楽器でクラシック曲を演奏したのは初めて」と横田代表。音階を合わせるために何度もリハーサルを重ねて本番に臨んだという。撮影に協力した市広報係が編集も手掛け、11月上旬には「ユーチューブ」で公開する予定。「雅楽と映像、光とのコラボ。若い人たちにも見てもらって雅楽に興味を持ってほしい」と期待を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月10日号(2388号) 4面 (9,169,319byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

赤穂は、色々な町おこしをしても中途半端な状態になっているような気がします。
赤穂は、義士の町だけじゃないと企画をされたと考えますが、雅楽を通して赤穂の町が発展する事を願っています。

そう思う 5

投稿:赤穂市民です 2020年10月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺