忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

トビイロウンカ被害拡大 早めの収穫を推奨

 2020年10月05日 
トビイロウンカによる「坪枯れ」とみられる被害が発生した水田
 水稲の養分を吸って株を枯らせるトビイロウンカが西日本全域で大発生し、赤穂市内でも被害が確認されている。県光都農業改良普及センターは被害が広まらないうちに早めの収穫を勧めるとともに、収穫まで期間がある場合は薬剤防除を施すよう呼び掛けている。
 トビイロウンカは東南アジアに広く分布し、イネ科草本類に寄生。日本には梅雨時期に中国大陸から偏西風に乗って飛来するとされ、夏から秋にかけて増殖を繰り返す。成虫と幼虫が水田の一部に集中して稲の根元から養分を吸い、稲を枯れさせ倒伏させる被害(坪枯れ)を引き起こす。
 県病害虫防除所が9月9・10日に県内35か所の水田で行った調査ではすべての場所で個体を確認。同月16日に2014年以来となる警報を発令し、緊急防除を呼び掛けた。
 赤穂市内の農業関係者の話では、市内でも各所で坪枯れが発生。トビイロウンカを防除する農薬は売り切れ、代わりの農薬で防除に努めている状況だという。
 トビイロウンカは日本では越冬できないため、翌年への影響はないとみられるが、近年では一部の薬剤に対し抵抗性を持つタイプが確認されたとの報告があり、農家は不安を募らせている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月10日号(2388号) 4面 (9,169,319byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

 トビイロウンカの被害が、酷いです。
 ジャンボタニシといい、
 農家の担い手が少なく、大変です。
 地球温暖化?
 冬場になると死滅するであろうと言われていたが、
 ジャンボタニシは、増え続けています。
 素人目に見て、駆除する気があるのか、疑問に思う。
 農家の担い手が少なくなった、今こそ、行政は、なんらかの手助けをしてあげるべきでは。

そう思う 5

投稿:通りすがり 2020年10月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺