忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

歯と口の元気が健康長寿の源

 2020年10月15日 
「お口の元気度」もチェックしたオーラルフレイル健口教室
 健康で長生きするために大切な口腔機能について正しい知識と理解を深める少人数制の「オーラルフレイル健口教室」が御崎の東海集会所でこのほどあり、地域の高齢者7人が検査と指導を受けた。
 オーラルフレイルとは「口の機能の衰え」のこと。日本歯科医師会によると、「滑舌低下、食べこぼし、わずかなむせ、かめない食品が増える、口の乾燥」といった症状で、そのまま放置すると食べ物をかむ力が低下し、体力減退につながる恐れがあるという。
 この日は相生・赤穂市郡歯科医師会の千崎達矢医師(38)=せんざき歯科医院=がフリップを使ってフレイル予防の重要性を講話。検査用のガムをかむ咀嚼力判定や口の中の乾燥度測定などで「お口の元気度」をチェックした上で、歯科衛生士の金谷雪詩さん(46)が舌やくちびる、喉の筋力を強くするための簡単なトレーニング方法をレクチャーした。
 この教室は、兵庫県から委託を受けた県歯科医師会が姫路市、洲本市など県下7自治体で実施。赤穂市内では9月から12月にかけて5会場で行う。2〜3か月後にもう一度同じ会場に集まってトレーニング成果を確かめる予定で、参加した主婦の佐藤隆子さん(78)は「舌や喉が身体全体の健康につながっていることが勉強になりました。トレーニングを頑張ってみます」と話した。
 「オーラルフレイルで知りたいことがあれば、かかりつけの歯医者さんに相談して」と千崎医師。相生・赤穂市郡歯科医師会の大西恒祐会長は「コロナ禍による外出自粛もあるかと思うが、歯科診療で患者がコロナに感染した報告は日本において1件もないので、受診抑制による口腔機能低下、歯周病悪化を避けるためにも安心して受診してほしい」と呼び掛けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月10日号(2388号) 3面 (9,169,319byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺