忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

討ち入りへの経緯克明 義士自筆の覚書

 2020年10月31日 
11月1日から赤穂大石神社で公開される奥田孫太夫自筆の「落去留書」
 赤穂義士の奥田孫太夫が討ち入りに至る経緯を克明に記録した自筆の覚書で、所在不明となっていた「落去留書(らっきょとめがき)」がこのほど見つかり、赤穂大石神社(飯尾義明宮司)が収蔵した。11月1日(日)から同神社の義士宝物殿で公開される。
 奥田孫太夫(1647―1703)は馬廻、武具奉行の150石。剣術に長け、吉良邸討ち入りには娘婿の奥田貞右衛門とともに参加。細川藩で切腹し、57歳で死去した。
 「落去留書」は赤穂開城後、奥田と堀部安兵衛、後に脱盟する高田郡兵衛が大石内蔵助や原惣右衛門との間で取り交わした書状の控えや同志の動向を記したもの。昭和になって所在がわからなくなっていたが、今年2月に発見された。
 浅野家再興を優先する大石に対し、江戸急進派の中心だった奥田ら3人が「亡君が命を捨てた相手を見逃しては武士道が立たない」などと早期の討ち入り決行を求めた書状などが記載。堀部が書き残した覚書『堀部武庸筆記』とほぼ同文だが、武庸筆記が討ち入りの年の5月まで記述されているのに対し、その約半年前の元禄14年11月で記録が終わっている。高田が脱盟した時期にあたるとみられ、同神社の佐藤誠・非常勤学芸員(48)は「高田郡兵衛の脱盟が影響しているのではないか」と推測する。
 「義士が書き残した貴重な一級史料。江戸と上方、国許との間のやり取りの緊迫感が伝わってくる」と飯尾宮司。義士宝物殿の拝観は午前8時半〜午後5時(最終入館4時半)。入館料450円(中学生以下無料)。Tel42・2054。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月31日号(2390号) 1面 (10,103,089byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 70代男性が新型コロナ感染 中等症←市民(11/23)
  • モンゴル最西端の県、バヤンウルギー←SV(11/23)
  • 12月14日に「オンライン義士祭」←ヒロリン♂(11/23)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺