忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂緞通で学校マスコット

 2020年11月20日 
完成した新作を手に笑顔の赤穂緞通同好会のみなさん
 赤穂特別支援学校(内海貴美子校長)の赤穂緞通同好会が同校マスコットキャラクターをデザインした新作を完成。部員たちが1台の織機を交替で動かし、2年がかりで作り上げた。
 11月20日(金)から24日(火)まで中広のイオン赤穂店で開く同校作品展で展示する。
 同校では2012年から高等部の作業学習に赤穂緞通を導入。「赤穂緞通を伝承する会」の会員有志がサポートし、4年前にクラブ活動の同好会が発足した。
 出来上がった新作は、同校キャラクター「あかとくまる」を7色の綿糸で表現。昨年4月から部員たちが放課後にコツコツと機を織り、伝承する会の廣畑富美子さん(69)=板屋町=が糸を摘んで仕上げた。縦50センチ、横27センチで、これまで同好会が製作した作品の中で最も大きいという。
 キャプテンの坂本万実さん(17)=3年=は「赤穂緞通をつくるのはとても大変。でも、みんなで一緒に織るのは楽しい」と笑顔。監修した伝承する会の井関京子会長(67)=元沖町=は「『頑張ったで賞』と『みんなで仲良く賞』をあげたい」と拍手を送った。
作品展は同店2階特設コーナーで午前9時〜閉店(最終日は午後3時)。緞通のほか、児童生徒のコラージュ画や立体工作など約30点を展示している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月21日号(2393号) 4面 (9,473,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺