忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第22話「弁慶のとめ岩」

 2020年11月21日 
 仲のよい数人が、手に手に道具をもち、薪とりに、清水谷を通り、丸山の方に行きました。
 天気も良いことだし、何の心配もなく、大声で話しながら、薪を束ねていました。
 すると、突然大きい音がしました。アッと山の上を見ると、木を倒しながら、大きい岩がころげ落ちてきているのです。
 「アッ!あぶない。岩がおってきようぞ」
 「おじい、はよう逃げ。はよう逃げんか」
 少し耳の遠い長助は知らん顔をして、薪をそろえているのです。
 それは、アッという間のできごとで、逃げることもできず、目の前に岩が落ちてきています。
 「あーあ、もうあかん」
と、両手を合わせ、目をつぶっていました。
 岩は落ちてきません。恐る恐る、一人、また一人と目をあけました。
 すると一人の侍が、片方の「すね」と「両手」で、大きい岩をとめていました。
 驚いたのは村の人で、「こりゃあ、人の技ではない。お陰で助けてもろた」と、何度も何度も礼をのべました。
 「いや、いや、これしきのこと。なんでもないことです」
と、岩から離れて、さっさと、西の方に向かって行ってしまいました。
 岩を見ると、「すね」と「両手」のあとがついておりました。
 これは普通の人ではない。村でも大さわぎになりました。四国へ修業のため、尾崎の山道をちょうど越えていた弁慶であったことが、あとでわかりました。
 いつの頃からか、その岩を、「弁慶のとめ岩」というようになり、今でも、大きい岩が、そのまま残っています。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第二集』・「弁慶のとめ岩」より)=切り絵・村杉創夢
 * * *
 「尾崎」の地名が誤植により、「尼崎」になっていたのを訂正しました。確認不足でした。(2020年11月21日19時40分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月21日号(2393号) 2面 (9,473,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺