忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

紙芝居で「オレンジリボン運動」PR

 2020年11月21日 
子ども虐待防止を訴える紙芝居を制作した、はくほう会医療専門学校赤穂校のみなさん
 子ども虐待防止を訴えるオレンジリボン運動を広めようと、元町の「はくほう会医療専門学校赤穂校」(古城資久校長)の学生たちが手作りの紙芝居で読み聞かせ動画を制作。
 17日からインターネット動画投稿サイトユーチューブで公開した。「一人でも多くの人に視聴してもらって関心を持って」と呼び掛けている。
 紙芝居のタイトルは「声にならない声〜行かないで〜」。親から育児放棄された少女が近隣住民の通報で児童相談所に保護され、無事に成長する過程を画用紙11枚で描いた。全国の児童虐待件数などのデータをグラフで示し、約6分半の動画にまとめた。
 作業療法学科2年生16人が授業の一環として取り組み、11月の児童虐待防止推進月間に合わせて動画を公開した。学生らは手描きの啓発ポスター、運動のシンボルであるオレンジリボンも作製。学内で掲示したり配布したりして啓発に努めた。
 紙芝居班リーダーの長島正伍さん(23)は「関心を持つ人を増やすことが虐待防止や早期発見につながる」と語り、ナレーションを担当した夏山礼華さん(26)=相生市旭=は「聞き取りやすいように、ゆっくり話すことを意識しました。地域みんなで子どもを見守りたい」と話した。
 取り組みを指導した専任教員の赤堀将孝さんは「今回の経験を踏まえ、福祉の視点を兼ね備えた医療人材に育ってほしい」と期待した。
<前の記事


関連サイト:
■動画「声にならない声〜行かないで〜」


掲載紙面(PDF):
2020年11月21日号(2393号) 4面 (9,473,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 赤穂地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺