忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

総重量480キロの塩で海の夕景アート

 2020年11月21日 
赤穂高校定時制ボランティア部が中心となって制作した塩アートモニュメント
 食紅で染色した塩を透明な円柱に注ぎ詰めたソルトアートのモニュメントが赤穂市立海洋科学館(古津和也館長)で16日に完成した。青や赤、オレンジなど異なる色の塩を階層状に敷き詰め、色鮮やかな海の夕景を描いた。
 モニュメントは直径・高さ1メートル。上から見てドーナツ状のアクリル製円筒容器に19色の塩を注ぎ込み、ウェーブをつけて波や山の稜線、虹などを表現している。今年2月にリニューアルした「塩のギャラリー」の中央にあり、360度全方向から鑑賞できる。
 交通安全キャンペーンなどの配布物として染色塩を小瓶に詰めたストラップを製作したノウハウのある赤穂高校定時制ボランティア部の7人が中心となって作業。染色の工程は同館「子ども科学教室」の小学生と職員も手伝った。使用した塩の総重量は480キロ。そのうち白色の250キロは同館「塩の国」にある塩田施設で生産した塩だという。
 色がにじまないように材料の塩はフライパンで煎って水分を蒸発させ、容器への注入だけでも3日間で計9時間をかけた労作。ボランティア部1年の志摩太陽君(16)=尾崎=は「想像していたよりもきれいな作品が出来ました」と出来映えに胸を張った。同館は「塩の魅力やおもしろさを視覚からも感じてもらえれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月21日号(2393号) 4面 (9,473,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺