忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

自宅のように 地域の居場所「みんなのいえ」

 2020年11月28日 
一戸建て古民家を活用して開設した地域の居場所「みんなのいえ」
 さまざまな事情で外出しづらかったり、社会と関わることに不安があったりする人と家族に、自分の家のように気楽に過ごせる場を提供しようと、無料で利用できる地域の居場所「みんなのいえ」が塩屋に開設した。
 築80年の一戸建て古民家を活用し、温かみのあるたたずまい。赤穂市から委託を受けて運営する市社会福祉協議会が利用を呼び掛けている。
 市のひきこもり対策推進事業の一環。今年2月まで高齢者デイサービス施設として使われた木造2階建て民家を利用して10月にオープンした。大型テレビとソファーがある和室や床の間のある談話室、離れの座敷のほか、中庭に面した渡り廊下にもテーブルといすを置き、気に入ったスペースで読書やゲームして過ごせる。
 開設日には看護師や介護福祉士の資格を持つスタッフが2人常駐し、話し相手になったり、一緒にお茶を飲んだりするほか、希望すればキッチンで料理やお菓子づくりを楽しんだり、裏庭の菜園で野菜づくりを体験したりすることも可能だ。
 国が2015年に15〜39歳を対象に実施した調査では、ひきこもり状態にある人は全国で約54万人。40〜64歳対象の昨年度調査では約61万人と推計された。赤穂市に置き換えると「400〜500人」がひきこもり状態にあると推定されるという。本人だけでなく、家族も家に閉じこもりがちになってしまうケースもあり、支援のあり方が社会的な課題となっている。
 そうしたニーズを踏まえ、「みんなのいえ」では当事者の家族からの相談にも応じる。市社協は「自宅とは別の、もう一つの居場所として使ってもらえれば。家族同士が悩みを打ち明けたり、情報交換したりする機会も提供していきたい」と話している。
 「みんなのいえ」(塩屋656の17、近くに駐車場あり)は月・水・金(祝日と年末年始を除く)の午後1時〜4時に開所。また、毎月第4木曜日は家族向けの相談会を開く。いずれも予約不要。問い合わせは市社協Tel42・1397。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月28日号(2394号) 1面 (4,108,793byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺