忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・食べる=生きる土台(2)食べ物の好き嫌いからみえること

 2020年12月05日 
 食べることは栄養摂取のためであると考えている人が多いようです。もちろん栄養摂取が第一の目的ですが、食べることはそれだけではありません。食べることは「知・徳・体」を育むことです(食育基本法2005年に制定)。
 大人は、子どもの食事を食べ物の好き嫌い(以降、好き嫌いと称す)があっては栄養不足になるため、好き嫌いなく何でも食べる方がいいと思うでしょう。しかし、栄養のことだけを考えるとブロッコリーが嫌いで食べなくてもトマトが食べられるのであれば、主とした栄養はある程度摂取はできます。
 食べることは栄養のことだけではなく、食事を作ってくれた人・食材を作ってくれた人に対しての感謝の気持を想うことが必要なことから、好き嫌いなく何でもおいしく食べることが望ましいのです。人間は心を持った生き物です。だから相手のことを想うと、好き嫌いをしてはいけないのです。
 1歳を過ぎると食べ物を一度口にして出す行為をよくします。保護者は、「いよいよ好き嫌いが始まった」と思うことでしょう。
 しかし、本当に嫌いで口から出しているのでしょうか? 食べたことがない食べ物では「あれ? いつもと違う」「ちょっと固いな」また、「今はお腹がすいてないよ」などと一度口から出しているだけなのでは…とあれこれと子どもの気持ちを想像してください。大人が勝手に嫌いと決めていることも多くあります。その日は食べなくても、次回に食べることはよくあることです。単に好き嫌いをしているだけではないことに気づいてください。子どものメッセージを受け止めて、何度も何度も「あの手、この手、その手」と調理を変え、おしゃべりができない子どもと心でキャッチボールをすることで子どもの心が読みとれるようになるのです。
 好き嫌いの発生は1歳過ぎから急増し、その後は年齢に関係なくほぼ同じ割合で4歳まで推移します。しかし、4歳以降の好き嫌いは急減しこの時期(4歳)までに好き嫌いをつくらなければ、その後も好き嫌いを発生することが少ないようです。
 4歳までの心のキャッチボールを上手にすることは、なんでも食べる子どもを育むことにつながります。(教育学部児童教育学科准教授・廣陽子)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年12月5日号(2395号) 3面 (8,051,654byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》「住民投票は法的意味ない」上郡町長が意見←一意見(01/20)
  • 《西有年産廃》「住民投票は法的意味ない」上郡町長が意見←七法(01/19)
  • 赤穂健福管内のコロナ陽性 7割が50代以下←ニューアイス世代(01/17)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺