忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

マガキの貝毒 規制値下回る 出荷規制解除へ前進

 2020年12月16日 
 兵庫県水産技術センターは16日、播磨灘西部のマガキを対象に実施した貝毒調査の結果を発表。赤穂沿岸のマガキからは今月8日以降、規制値を超える貝毒は検出されていないことがわかった。再び規制値を超えることがなければ、最短で12月23日にも出荷規制が解除される見通しとなった。
 検査結果によると、7日採取分からは規制値の1・1倍の貝毒が検出されたが、翌日以降分は規制値を下回った。最新の14日採取分は検出限界値未満となり、同日採取の海水検査でも貝毒の原因となるプランクトンの数が検出限界値に近いレベルまで減少していることがわかった。
 県は今後、15日と22日に採取のマガキを検査し、いずれも規制値を超えなければ、市漁協に要請している出荷自粛を解除する。22日採取分の検査結果は早ければ23日にも判明するという。
 なお、たつの沿岸のマガキは今月1日以降、規制値を超える貝毒が出ず、15日に出荷規制が解除された。相生、姫路西部もすでに規制値を下回っている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年12月19日号(2397号) 3面 (7,064,754byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺