忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2020年《1月》

 2020年12月25日 
転んだおばあさんを協力して救助した=右から=高本玲桜君、田中蓮太君、高本紗彩さん、田中結音さん、是信風愛さん
 さまざまな事件や話題があった2020年。本紙が伝えた記事を国内、海外のニュースと合わせて振り返ります。
 ▼印は本紙記事、▽印は国内、海外の主な出来事。年齢、学年、役職などはいずれも記事掲載当時。
〔1月〕  
 ▼小学生たちが転倒負傷の独居高齢者救助=東有年はりま台で自宅庭で転んでけがをして起き上がれなくなっていた一人暮らし高齢者を地域の小学生たちが協力して救助。救急隊に引き継いだ。
 ▼「市民の夕べ」開催中止=「東京オリンピック・パラリンピックの影響により、警備保安に万全な態勢を敷くことが困難と見込まれるため」として夏恒例の花火大会の中止を中止。
 ▼西有年産廃計画めぐる知事発言明るみ=井戸敏三・兵庫県知事が幹部会議で「『牟礼市長が反対と言っていたのは懸念があったからだが、懸念が払しょくされたから心配ない。』というような形にもっていけるかどうかだ」と発言していたことが判明。
 ▼民生委員9期27年に大臣表彰=元市民生委員児童委員協議会副会長の小島愛子さん(76)=塩屋=に厚生労働大臣表彰。
 ▼世界パラ陸上PR動画に主演=「神戸2021世界パラ陸上競技選手権大会」へ向け、南野中のパラアスリート、枝川哲也さん(37)が大会PRプロモーション動画に主演キャストで出演。
 ▼廃線鉄道のネガ一式を寄贈=かつて東播磨を走ったローカル私鉄「別府鉄道」を撮影したネガフィルム一式を福浦の鉄道写真家、吉栖清美さん(80)が播磨町教育委員会へ寄贈。
 ▼造形アート公募展で大賞=「ブリリア・アート・アワード2019」で赤穂出身のテキスタイルアーティストで赤穂観光大使の寺村サチコさん(33)=群馬県桐生市=の「ラフレシアのゆめ」が受賞。
 ▼切り絵で故郷の昔話=特技の切り絵を活かして赤穂民報の「赤穂の昔話」コーナーの挿絵を制作している赤穂出身の村杉創夢さん(75)=本名・克彦、東京都町田市=が、創作昔話「潮吹き穴と赤穂の塩」と「仮屋の仏さま」を一冊の本に。
 ▽IR汚職、秋元議員を再逮捕
 ▽不法出国容疑でゴーン被告に逮捕状
 ▽米軍がイラン革命防衛隊司令官殺害
 ▽イラン、ウクライナ旅客機を撃墜
 ▽イギリスがEU離脱
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年12月19日号(2397号) 1面 (7,064,754byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)
  • ワクチン接種券「3月下旬以降」発送へ←あと(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺