忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2020年《3月》

 2020年12月26日 
東京五輪・パラリンピックへ向けて世界中の国と地域から届き始めたアートマイル作品
 
 ▼東京五輪向け世界中からアートマイル=東京五輪・パラリンピックへ向け、一般財団法人ジャパンアートマイルが全国各地の学校や団体に呼び掛けて海外パートナー校と共同制作した壁画アートが、塩飽隆子さん(64)が理事長を務める財団事務所=大町=に続々到着。
 ▼地域活性化へ官民連携=地方創生推進を目的に、赤穂市はみなと銀行と包括連携協定を締結。市はこの後もアース製薬、モンベル、大塚製薬と協定を結んだ。
 ▼ジャコウアゲハ研究で調査報告書第3弾=南野中の木村繁之さん(84)と高雄の尼子公一さん(76)、木津の山下一之さん(73)が地元に生息するアゲハチョウの一種について孵化率と羽化率、越冬さなぎが成虫になるまでの日数をレポート。学術的に価値ある成果。
 ▼紙ごみ追加で9種分別へ=赤穂市美化センターは「燃やすごみ」として扱っているチラシや書類、ポスターなどを「紙ごみ」として分別収集するリサイクル事業を4月から市内全域で導入。
 ▼日本遺産契機に「歴史を学ぶ会」=塩の産地として伝わる地域文化遺産や伝統を後世に伝え、地域活性化を図ることを目的に住民有志の「『塩のまち』塩屋の歴史を学ぶ会」が発足。
 ▽山手線「高輪ゲートウェイ駅」が開業▽東京五輪・パラリンピック延期決定▽志村けんさんが新型コロナで死去▽新型コロナ、WHOがパンデミック表明▽英ヘンリー王子夫妻、公務引退
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年12月19日号(2397号) 1面 (7,064,754byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 接種会場にワクチン冷凍庫納品←徳爺(02/24)
  • 「NO!コロナ差別」メッセージ募集←寛容に(02/23)
  • 写真コンクール入賞・入選100回達成←かめのり(02/23)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺