忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

日本海水 第2バイオマス発電所を稼働

 2021年01月08日 
運転を開始した日本海水の赤穂第2バイオマス発電所=同社提供
 日本海水(東京都千代田区、西田直裕社長)が西浜町に建設した「赤穂第2バイオマス発電所」が2日、営業運転を開始した。最大発電出力は3万キロワットで、年間約42億円の売上を見込む。
 2015年に運転開始した赤穂第1バイオマス発電所に続き、17年7月に着工。約100億円を投資し、第1発電所の約1・8倍の発電能力を持つプラントを建設した。
 燃料使用量は年間23万5000トンで、約6割は海外から輸入したPKS(パーム油の生産過程で発生したヤシの殻)、残り約4割を国内の間伐材や樹皮などでまかなう。同社の試算では、石炭発電に比べて年間約11万トン分の二酸化炭素を削減する効果があるという。
 第2発電所の運転に伴い、約20人を新規雇用。第1発電所と合わせた年間売上高は約67億円となり、同社の総売上高の約2割を占める見通し。
 同社は「再生可能エネルギーによる電力事業を推進し、SDGsの達成と温室効果ガス排出ゼロを目指し、脱炭素社会の実現に貢献していきたい」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月16日号(2400号) 4面 (7,988,278byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》「住民投票は法的意味ない」上郡町長が意見←一意見(01/20)
  • 《西有年産廃》「住民投票は法的意味ない」上郡町長が意見←七法(01/19)
  • 赤穂健福管内のコロナ陽性 7割が50代以下←ニューアイス世代(01/17)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺