忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂健福管内のコロナ陽性 7割が50代以下

 2021年01月16日 
 2020年に赤穂健康福祉事務所管内(赤穂市、相生市、上郡町)居住で新型コロナウイルスの陽性が確認された64人のうち、50歳代以下が7割以上を占めた。また、昨年10月以降は感染経路不明のケースが6割近くとなっている。
 兵庫県の発表を元に赤穂民報が集計したところ、同事務所管内では昨年7月18日に最初の感染例が確認されて以降、12月末までに64件(管外居住者は除く)の陽性が確認された。
 年代別では最も多かったのが50代で13人。20代12人、40代10人と続いた。全体の73%が50代以下だった。男性が45人、女性は19人。
 陽性確認時点での症状は、全体の7割近くが軽症、2割は無症状。中等症は6人で、全員70代以上だった。
 1件も陽性が確認されなかった9月を境にみてみると、感染経路不明のケースは8月までは2割以下だったのに対し、10月以降は58%に上昇。市中感染が拡大した影響とみられる。
 人口10万人当たりの累計陽性者数は同事務所管内は72人。全国平均の187人、兵庫県平均の183人と比べると低い数となっている。
 なお、健康福祉事務所単位の死者数については、「遺族の同意を取る必要がある」(県対策本部)として公表されていない。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月16日号(2400号) 3面 (7,988,278byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

現在、3市合わせた「50代以下」の人口割合は6割*です。そして「50代以下」は通勤通学の必要があります。

一見して、赤穂管区は「50代以下」の要因が大きいと世代間の溝を深めそうなタイトルですが、上のことから当然です。とはいえコロナ対策を怠る理由にはなりませんが、少し気になったので申し添えます。

*総務省「国勢調査」と国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」より計算。59歳以下の割合は2015年で60.2%、2020年で58.2%。

そう思う 13

投稿:ニューアイス世代 2021年01月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)
  • ワクチン接種券「3月下旬以降」発送へ←あと(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺