忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会政治
  3. 記事詳細

ワクチン接種へ対策室を新設へ

 2021年01月29日 
 赤穂市は28日、新型コロナウイルスワクチン接種対策室を新たに設けるための人事異動を発表した。
 ワクチンが実用化された場合に迅速かつ適切に接種開始できる体制をとろうと、健康福祉部内に2月1日付けで設置。集団接種の実施体制構築や接種に必要なクーポン券の印刷と発送、市民からの相談体制の確保などを担う。
 室長に医療介護課長、担当係長に情報政策係長をあて、事務作業を担う職員を3人配置する。いずれも現職との兼任となるが、業務量が増えれば専従に近い形になる見通し。
 新型コロナウイルスワクチン接種について、国は(1)医療従事者(2)65歳以上高齢者(3)基礎疾患保有者(4)高齢者施設従事者(5)その他の優先順位で進める方針を発表しており、河野太郎規制改革担当大臣は27日、65歳以上の接種開始時期が「早くても4月1日以降になる」との見方を示した。
 こうした国の想定を踏まえ、赤穂市は「遅くとも3月上旬、できれば2月中に市としての計画を策定したい」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月6日号(2403号) 1面 (10,926,494byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

血中で働く抗体なのか粘膜で働く抗体なのか?どの部分の免疫を誘導するのか?
等働きのメカニズム等を詳しく公表し、摂取できるワクチンの種類を選択できるようにしてほしい。
メディア、ネットの情報により副作用が特に心配なので、
即時性アレルギーの情報、アレルギーを起こした時の病院での対処法の安全性や、
人のDNAに取り込まれ自己免疫疾患を起こす可能性はあるのか等も公表し、皆の疑心暗鬼を取り除いて欲しいです。

そう思う 11

投稿:昭和の子供 2021年01月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「NO!コロナ差別」メッセージ募集←寛容に(02/23)
  • 写真コンクール入賞・入選100回達成←かめのり(02/23)
  • 写真コンクール入賞・入選100回達成←カメラファン(02/23)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺